「緊張をする子供」と「緊張をしない子供」、2種類の子供がいるとしたら、今年のDチームの子供たちは全員後者なんでしょう。

5月26日(土)、友遊ボールの松戸予選が開催されました。

試合前の練習から子供たちは驚くほどのリラックスモード。昨年のチャンピオン大会を経験しているヒビキ、テルキ、カツトに加え、新戦力のリュウノスケ、ユウの5人の3年生が、良い雰囲気をつくってくれます。

S_8022176870882.jpg

試合前の円陣で「勝つのはセントラル!全勝で1位通過!」を誓い合い、いざ!

初戦の相手はリトルベアーズさん。

初回の相手の攻撃を1点に抑えた後のセントラルの攻撃、長短打にサインプレーも絡めて15点のビッグイニング。これまで『初回の大切さ』を伝えてきましたが、大会の初戦で見事にいつも通りプレーする子供たちを見て、このチームの強さを感じました。

S_8022176877619.jpg S_8022176889698.jpg

終始セントラルペースのままゲームセットで初戦を勝利しました。

次戦の相手は高塚新田ラークスBさん。

この試合も守りからリズムをつくる展開で、毎回得点の合計32得点。

3週間前に入部した子供や、1年生の子供のハツラツプレーもあり勝利しました。出場する選手を固定しないで、14人全員で戦うことも今年のDチームの特徴の1つです。

最終戦の相手は牧の原ジュニアーズさん。

疲労からか終盤に集中力が途切れるシーンがありましたが、この試合も毎回得点で勝利しました。内野手を中心に次のプレーに対する声掛けがしっかり出来ていたので、ミスの連鎖はありませんでした。

個々の度胸とチームワークは言う事なし。

打撃、走塁、守備をもう1レベルあげて西ブロック大会に臨むぞ!

頑張れ!セントラル!

S_8022176892943.jpg

【戦績】

VS リトルベアーズ 22 ― 6 勝ち(3回コールド)

VS 高塚新田ラークスB 32 ― 8 勝ち

VS 牧の原ジュニアーズ 12 ― 9 勝ち