DSC_0245.JPG

1/21 カリフ・マルエス大会の開会式、翌日1/22は、決勝トーナメント(2回戦)を行いました。

開会式では、ブロック1位通過の表彰を受けました🏆

そして、大事な初戦。
同じ松戸市の強豪、野菊野ファイターズさんとの試合でした。

キャプテンのユウタロウがインフルエンザで不在の為、全員野球で勝利を目指します💪

【1回表】
セントラルの攻撃。
アツトシがヒットで出塁も後続が続かず、無得点。

【1回裏】
先発はヨウタ。
ヒット、四球、エラーで2死満塁のピンチ。
6番バッターにレフトへ強烈なライナーを打たれ、失点かと思われたが、レフトのユズキのファインプレーで無得点👏
ユズキ、ナイスキャッチ👍

【2回表】
レオがヒットで出塁するも、相手のナイスピッチングで無得点。中々得点が奪えません😢

【2回裏】
ランナーを許すも無失点

【3回表】
ユウセイがヒットで出塁もゲッツーとなり、チャンスが途切れたかと思ったが、アツトシとヒロシの連続ヒットで先制点🎉
さすがヒロシ勝負強い!

【3回裏】
得点後の大事なイニングを3者凡退に抑える。

その後、6回表まで無得点の投手戦。追加点が欲しい~😅

【6回裏】
この回から、タクマが登板。
2死2・3塁のピンチを迎え、相手は8番打者。2ストライクまで追い込んだ後の勝負球は、ライトへフラフラとあがり、ライト前へポトリ。ランナーは2者生還。1対2と逆転されました😭⤵️⤵️

その後、後続は抑えましたが、打たれたタクマは悔しい表情でベンチへ。
まだ負けてないぞ!

【7回表】
同点を信じて、監督・コーチ・選手達からは、「絶対に負けない!」「必ず追いつくぞ!」との強い言葉が。子供達の底力を信じます🙏

しかし、先頭打者が三振。
相手の投手も球に勢いがあります。

次のバッターは、この日ヒットを打っている好打者レオ。追い込まれながらも、レフトへクリーンヒットで出塁。

さぁ、同点のランナーが出ました🏃

次の打者は送りバントで2死2塁。

ここで、今日初打席のシオン。
応援のコーチ、ママ達もみんな祈ります🙏

いつも打ち気満々のシオンですが、繋ぐ気持ちを忘れずに、四球を選びました。
このプレーに、シオンの大きな成長を感じました👊

2死1・2塁のチャンスで、今日2安打のユウセイ。
しかし、すぐに追い込まれ、あと1球で敗退のピンチ。
しかし、やってくれました。
この日3安打目のヒット。

2死満塁で、トップのユズキ。しかし、またもや2ストライクまで追い込まれました。
今度こそ、本当に追い込まれました。

しかし、粘って粘って、押し出しの四球を選びました👏🎉

このまま逆転したかったですが、後続は打ち取られました。
しかし、良く追いつきました。

【7回裏】
2死1・2塁のサヨナラのピンチでしたが、無失点で切り抜けます。

これで、大会規定により、特別延長(1死満塁)での延長戦です。

【8回表】
3番ヒロシからの好打順。
追い込まれた後の3球目、打球は良い角度でレフトへ。
打った瞬間、レフトオーバーとわかる鋭い打球だった為、ベンチも応援団も抱き合って大喜び。しかし、無情にも打球はファールグランドへ。残念😞
結局、ヒロシは投手ゴロで凡退。

2死満塁で、次は主砲のタクマ。
ベンチと応援団の期待を背負い打席に立ちます。
ここで見事、左中間に2点タイムリー🎉✨😆✨🎊
(4ー2 勝ち越し)

6回裏の失点を自分で取り返したタクマが大きなガッツポーズ。
喜びを身体いっぱいで表したタクマが一皮向けた瞬間でした😁

【8回裏】
今度は1死満塁からの守備。
まだまだ安心は出来ません。
打者は6番から。
打球はファーストへの強いゴロ。
ファーストが上手く取り、本塁アウト、キャッチャーのアツトシはゲッツーを狙い1塁へ。
しかし、送球が少し逸れて1塁カバーへ入ったセカンドのレオの足が離れセーフ。
ここで2塁ランナーが本塁を狙っていたのを見逃さず本塁へ送球→クロスプレー。
判定は、……見事タッチアウト!
待望の勝利を掴み取りました🎊

2回戦とは思えない、激しい戦いでした。
諦めてはいけませんが、99%負けていた試合でした。しかし、子供達は熱くなりながらも冷静にプレーしてました。
本当にスゴい⤴️⤴️

最後のプレーは、子供達の成長が凝縮してました。

1死満塁の守りでしたが、ベンチの指示がなくても、ファーストのヨウタとセカンドのレオは、打球が来たらどう動くのか、事前に連携を取っていたそうです。

また、ゲッツーは取れませんでしたが、キャッチャーのアツトシは、松戸市の春季大会の同じ場面で、ゲッツーを狙わず、消極的なプレーをしてましたが、今回は迷わずファーストへ送球しました。

そして、セーフの判定でも諦めずにホームへ投げたレオの状況判断。もちろん、ベンチの子供達も含め、全員がランナーの動きを大きな声で伝えていました📣

思い起こせば、ロッテ旗の県大会での特別延長を戦い、抽選負けした悔しさ。そして、昨年秋のIBA東日本大会で、6年生の強豪チーム相手に特別延長で負けた経験。知らない間に、子供達は、その時の涙を力に変えていましたね。

そして最も素晴らしいのが、この日インフルエンザで不在のキャプテンのユウタロウを準々決勝で出場させたい、こんな想いの積み重ねが、勝利へ導いたのではないでしょうか。

このチームのベストゲームと言っても過言ではないでしょう!

しかし、大切なのは次の準々決勝。
この勝利を自分達の力にするには、次の試合でしっかり勝ちきる事です。

一戦必勝で頑張れ!
セントラルの選手達⚾

【試合結果】
セントラル 001 000 12 R4(2+2)
野菊野FS   000 002 00 R2(2+0)