DSC_0128.JPG DSC_0142.JPG DSC_0144.JPG DSC_0150.JPG 1505045541343.jpg 1505045545895.jpg

8/27~9/9まで、松戸市秋季大会(Jr.戦)」が開催されました⚾

気合いが入っている選手💪、緊張感MAXの選手😓、いつもと変わらないマイペース?の選手😪など、様々でしたが、目標はみんな一緒。松戸市チャンピオンの称号を奪い返し、そして、小学生最大の大会である「全日本学童大会」東葛地域選手権大会に出場する事です!

【1回戦】
vs 根木内ヤングスターズ戦

初回を3者凡退に打ち取り、完璧な立ち上がり。その裏、リョウのライト前ヒットからチャンスをつくり、3番ユウタロウのタイムリーで先制。その後、ヒロシのスクイズで追加点をあげ、3対0とリード。相手の好守もあり、追加点を奪えなかったが、ヨウタ→ユウタロウのリレーで見事完封勝利🎉

【準々決勝】
vs 野菊野ファイターズ戦

今回のトーナメントのポイントとなる一戦。

1回表
先頭のリョウが5ゴロに打ち取られたが、ベンチに戻ってくるやいなや、打ち取られた球のコースや球威について、3番以下の打者が率先して聞き、他の選手に伝達し始めました📣

この雰囲気は、子供達なりに大事だと感じた一戦ではよく見られる光景で、子供達が先制点を絶対に取る!という気持ちの表れだと感じました👍

その成果がすぐに表れ、3番ユウタロウからの4連打で3点を先制!
子供達の能力の高さに脱帽ですね。

1回裏
長打2本にヒット1本を打たれて、2点を返される展開に。その後、四球とエラーで満塁の大ピンチ。次のバッターは、ショートへのフライ。フラフラと上がった打球をショートのユウセイがナイスキャッチ。このプレーが、またセントラルに流れを引き寄せました😄

2回表
リョウのタイムリーで追加点。(4対2)

3回表
リョウの3塁打などで追加点。(6対2)

2回以降、投手陣が立ち直り、ヨウタ→ユウタロウの必勝リレーで完勝🎊

また、全日本学童大会の東葛地域大会の出場権も獲得しました👏

【準決勝】
vs 五香メッツ戦

春の王者との対戦。
今大会の優勝を占う大事な一戦。春は全てにおいて完敗だった為、勝ちたい気持ち(春の悔しさ)をグランドや相手チームにどれだけ表現できるかがポイントでした☝️

1回表
チャンスをつくるも無得点。

1回裏
3者凡退で上々の立ち上がり。

試合の流れはもちろん悪くないが、今日はベンチを含め、チームの元気がスゴい、スゴい。声が驚く程に良く出ています✨
何かロッテ旗の予選で、優勝した時の雰囲気に似ている気がしました。

2回表
2死2・3塁のチャンスから、WPで先制!
その後、リョウの内野安打、ユズキのヒットで追加点。今大会で3試合連続で、3点を先制しました👏

2回裏
エラーで1点を返されますが、まだセントラルのペース。(3対1)

3回表
四球やエラーで2点を追加。(5対1)

3回裏
ユウタロウに投手交代。
1番からの好打順をピシャリと抑えて、無失点👍

4回は、お互いに無得点

5回表
追加点のチャンスをつくるも、相手の好守で無得点。
さすが、五香メッツさん👏

5回裏
先頭をエラーで出塁。
五香メッツさんの勢いに圧倒され、2点を返され、なおも2死満塁のピンチ☀️😵💦
ここで、ヨウタが再登板。

2塁ランナーがホームに入れば同点。長打でサヨナラ負けも想定される大ピンチ。
ノースリーまでいき、嫌な雰囲気でしたが、何とかフルカウントまで追い込み、あと1球で勝利。ベンチも応援席も祈る気持ちで声援🙏
次のストレートを、レフト線へ強い打球…ヤラれた…
と、思いきやファールで命拾い😨

次の1球は…空振り三振。
見事、決勝進出を決めました🎉

【決勝戦】
vs 常盤平ボーイズ戦

泣いても笑っても最後の試合です。対戦相手は、準決勝もコールド勝ちで勝ち進んできた強豪。

セントラルの先発は、ユズキ。公式戦での登板は少ないが、練習試合と同じような快投を期待しています✊‼️

1回表
先頭のリョウの出塁を足がかりに、ヒロシの5ゴロで先制。

1回裏
3者凡退。
ナイスピッチング👍

2回表
相手の投手も踏ん張り、3者凡退。

2回裏
エラーで出塁したランナーをスクイズで同点にされ、四球を出したところで、ヨウタに交代。
連続長打により、流れを止められず逆転。(1対3)

3回表
タクマの犠牲フライとヨウタの2点タイムリーで再逆転。(4対3)

3回裏
無死1・2塁のピンチも無失点。

4回表
3者凡退。

4回裏
3者凡退。

5回表
2死から、ヨウタのタイムリーで追加点。(5対3)

5回裏
ユズキのスライディングキャッチなどもあり、無失点。

念願の秋季大会での優勝です🏆
チーム一丸となった勝利でした✨
本当におめでとう!

今大会はコールド勝ちが無く、接戦ばかりでした。
しかし、みんなで守り、積極的に点を取りにいった結果、成長著しい根木内ヤングスターズ、野菊野ファイターズ、常盤平ボーイズの強豪、そして春のチャンピオンの五香メッツを倒しての完全優勝でした。

ちょっと内野のエラーが多かったり、クリーンナップが不調だったりと、課題を多く残しましたが、それでも優勝してしまうところに、セントラルの伸び代を感じました。

そして、春季大会からポジションを6人変えての公式戦。まだ不慣れなところが多く、改善の余地はありますが、子供達で考え、声をかけ合い、経験の少なさをカバー出来た事に、子供達の成長を感じました。

更なるレベルアップには、選手達はもちろんの事、コーチングスタッフを含めた大人達の成長も不可欠です。少年野球も残り1年ちょっと…。ラストイヤーに最高の結果を残すために、これからも楽しく、そして厳しくプレーをしていこうと思います⚾

頑張れ、セントラル!

◾大会結果
①1回戦
vs 根木内ヤングスターズ
3ー0(勝)
②準々決勝
vs 野菊野ファイターズ
6ー2(勝)
③準決勝
vs 五香メッツ
5ー3(勝)
④決勝
vs 常盤平ボーイズ
5ー3(勝)

◾最終成績(新人戦)
優勝:セントラルパークス
準優勝:常盤平ボーイズ
3位:五香メッツ
3位:小金原ビクトリー